Skip to content

MT4は現段階で最も多くの方に使われているFX自動売買ツールだというのが実態で…。

  • by

スキャルピングとは、相場が一方向に動く僅か数秒から数分の間に、少額でもいいから利益を得ることを目指すトレード手法です。
スキャルピングの手法はいろいろありますが、総じてファンダメンタルズにつきましては無視して、テクニカル指標のみを駆使しています。
システムトレードと言いますのは、そのソフトとそれを動かすパソコンが高額だったため、以前は一部の富裕層の投資家のみが行なっていたようです。
FX取引を行ないたいと言うなら、真っ先に実施すべきなのが、FX会社を比較して自分自身にピッタリのFX会社を選択することだと言えます。
比較する際のチェック項目は10項目ありますので、1つずつ解説していきます。
MT4は現在最も多く使われているFX自動売買ツールだということですが、自動売買プログラム(EA)の種類がたくさんあるのも特徴です。
ただ、EAを購入すると高価なものも多く、運用資金と合わせるとなかなか手が出ないものです。
そんなときにおすすめなのが、優秀なEAを無料で利用できる「EA-BANK」です。
「EA-BANK」の評判・口コミについては、こちらの記事で詳細をまとめられていますので一読をおすすめします!
仕事の関係で連日チャートをチェックすることは困難だ」、「重要な経済指標などをきちんと確認することができない」とお思いの方でも、スイングトレードを選択すれば問題ないでしょう。
テクニカル分析については、基本的にローソク足を描写したチャートを用います。
少しばかり複雑そうですが、コツさえ掴めばこれほど心強いものはありません。
レバレッジと申しますのは、証拠金がそれほど高額じゃなくてもその額の25倍もの儲けを出すことが可能で、大きな収益も狙えますが、その一方でリスクも高くなるのが常ですから、欲張ることなくレバレッジ設定することが肝要になってきます。
FXにつきましては、「外貨を売る」ということから取引を開始することも可能なのですが、このように外貨を持たずに「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」と言うのです。
FX取引では、レバレッジに類するわずかな額の証拠金で、その額の何倍もの取り引きができるようになっています。
FX取引の中で、最もポピュラーなスタイルが「デイトレード」です。
この取引方法は、日中に利益を上げることができます。
FX取引におけるスワップとは、外貨預金に対する「金利」だと考えることができます。
しかし著しく異なる点があり、スワップという「金利」は「受け取るだけでなく徴収することも可能」なのです。
売りポジションと買いポジションを一緒に保持すると、円高になろうとも円安になろうとも利益を出すことができますが、リスク管理の点では2倍気を遣う必要があります。
5,000米ドルを買い持ちしている状態を「5,000米ドルを買うポジションを持っている」と言います。
当然ですが、為替がドル安に変動したら、即座に売却してポジションを解消し利益を確保します。