Skip to content

食器みたいな素材の入れ物が壊れたのでアロンアルファを使って直してみることにした

  • by

父がある入れ物を割ってしまったので、直してほしいと頼んできたので、直すことにしました。
3つに割れたので、それぞれの破片をアロンアルファでくっつけることにしました。
それでまず、2つの破片をくっつけました。
アロンアルファを使っても、しっかりくっつくまでに1日かかりました。
そのあと、そのくっつけた破片と、残りの1つの破片をくっつけようとしたら、型が合わなくなっていました。
原因を調べてみると、最初にくっつけた破片の付け方が悪くて、隙間がある状態でくっついていました。
ですので、それらの破片を一旦分離させることにしました。
それで、ネットでやり方を調べていると、アロンアルファはお湯でとれるようなことが書いてありました。
ですので、お湯を沸騰させて、その中にその破片を投入しました。
それから、破片を取り出して、力を加えると、破片が分離しました。
無事に分離できたので、次に改めてそれらを隙間がないようにアロンアルファでくっつけました。
1日ほど経過して、今度は隙間なく、くっつきました。
次に、それに残りの破片をくっつけようと思ったら、また型が合わなくなっていました。
若干の隙間があいていたと思われます。
ですので、残りの破片を現在、削っているところです。