Skip to content

韓国軍の「玄武-2C」、北朝鮮ミサイルに対抗射撃中墜落!?

  • by

北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)の挑発に応じ、韓国軍の「Gen-2C」弾道ミサイルが江陵近郊の基地に墜落した。墜落時に発生したミサイル燃料による炎に驚き、江陵地区の住民は混乱に陥った。韓国軍は現在、事故原因の詳細な分析を行っているが、玄武ミサイルの核心要素である「韓国型3軸システム」や韓国製兵器の信頼性に悪影響を与えることが懸念される。
5日、韓国合同参謀本部によると、韓国軍と在韓米軍は昨日夜11時ごろ、江陵で連合圏地上訓練を実施した。射撃部門には韓国軍の「Gen-2C」弾道ミサイル1基と在韓米軍のATACMS、2基が動員された。当初、韓国軍の「GEN-2C」が最初に発射され、残りのATACMSは順次発射される予定であった。
韓国軍はGENMU-2Cを1発発射したが、GENMU-2Cは不安定な飛行を始め、その後、近くの空軍基地に墜落した。ミサイルは当初発射される予定であった東海上空を逆方向に飛行した。ミサイルの弾頭は、発射地点から約1km離れた基地内の韓国軍のゴルフ場に落下した。推進剤は弾頭から400メートル離れた場所で発見された。合同参謀本部は「玄武ミサイルは発射直後にゴルフ場に落下した」とし、「火災に見えたのは、まだ燃え尽きない推進剤による火炎だった」と説明した。
弾頭は爆発しなかったが、約700メートル南側には民家があり、他の方向に飛んでいれば人的被害が出た可能性がある。韓国軍は事故後、さらなる安全対策を実施し、5日午前0時50分には訓練に復帰、米韓両軍がそれぞれ2発ずつATACMSを発射した。
Gen-2ミサイルの失敗は今回だけでなく、2017年9月には「Gen-2A」ミサイル(射程300km)1基が発射直後に墜落している。射程1,000kmの「Gen-2C」は実戦配備後、今回が3回目の実戦発射となる。国立航空大学のチャン・ヨングン教授は、「玄武-2C」は2017年に実戦配備を開始した比較的新しい兵器で、今回の事故はミサイルの製造ミスや品質保証、保管・管理上の問題によるものとみられると説明した。
この事故により、強い炎と爆発音が発生しました。付近の住民から近くの消防署や警察署に次々と連絡が入り、事故について問い合わせがあった。しかし、韓国軍の誘導措置が不十分だったため、混乱は朝まで続いた。
合同参謀本部は午前7時ごろ、米韓両軍がATACMSを4発発射したとする文書を発表したが、玄武の発射失敗については発表しなかった。合同参謀本部は「玄武ミサイルの異常墜落の原因究明のため、現在、防衛科学研究所(ADD)と精密な原因調査を行っている」「住民にも事前に通知し安全点検を行ったが、今回の非常事態で住民に不便をかけたことをお詫びする」とし、韓国軍の政治姿勢にも批判が集中した。
韓国軍に対する政治的な批判も起きた。国会国防委員会委員で民主党幹事のキム・ビョンジュ氏は記者会見を開き、「国防部と合同参謀本部が組織的に事件を隠蔽しようとした」とし、「誰が作戦計画を立て、尹錫月政府の保安室がどんな決定をし、大統領がどんな報告をしたかを徹底的に調べる必要がある」と主張した。大統領がどのような報告をしたのか」、「徹底的な調査が必要だ」と主張した。江陵が地方区である公誠洞人民勢力の議員も自身のSNSで「国民の血税で運用された兵器はむしろ国民を傷つけようとしていた」とし、「災害警報など一言も鳴らさずに報告延期を決めたのはあまりにも無責任」と批判している。