Skip to content

行政書士は独学で合格できる?経験者が語る真実とは?

  • by

行政書士試験は、毎年約4万人が受験する超人気資格です。
合格率も10%前後と低く、難関資格のイメージがあります。
しかし、行政書士試験は択一式問題を中心とした絶対評価試験なので、テキストを熟読し、自分で何度も問題を繰り返すだけで、短期間で合格することは十分可能です。
しかし、この一見簡単そうな作業を一定期間、毎日続けることが一番の難関です。
このページでは、実際に行政書士試験に独学で合格した私の経験をもとに、おすすめの勉強法や必要な勉強時間など、「独学」で行政書士試験に合格する方法を詳しく紹介したいと思います。
まず、行政書士試験に独学で合格することは可能なのでしょうか?
私が出す答えは、「独学でも行政書士試験に合格することは可能」です。
私が「独学でも行政書士試験に合格できる」と考える理由は、次のとおりです。
理由①:市販の学習教材が十分にある。
行政書士試験は非常に人気が高く、受験者数も非常に多い試験です。
確かに、資格試験の中には、受験者数が少なく、市販の学習教材も十分でないため、十分な知識や情報を得ることが難しいものもあります。
しかし、行政書士は違います。各社から市販の学習教材が多数出版されており、合格に必要なテキストや問題集も十分に揃っています。
理由②:合格に必要な知識は、市販の学習教材だけでも十分得ることができる。
しかし、資格予備校や通信講座に通わなければ得られない知識や情報もあります。資格予備校や通信講座に通わなければ得られない知識や情報があるとしたら、どうでしょうか。
私自身、以前はそう思っていました。
市販の教材は資格予備校が発行しているものが多いので、予備校は生徒を集めるために本当に重要な情報は市販の教材に載せないと思っていたのです。受講しなければ、合格の決め手になるような知識は教えてもらえないのでは?受講しなければ、成功の決め手となる知識を教えてもらえないのではないか」と思うことがある。
しかし、私の経験上、そのような疑問や不安はすべて払拭されました。
私自身、行政書士、宅建、土地家屋調査士、司法書士の国家試験に合格していますが、いずれも市販の教材に含まれる知識だけで合格することができたのです。
ですから、独学で心配する必要はありません。市販の教材には、合格に必要な知識・情報がすべて含まれています。
一定期間、しっかり勉強すれば、独学でも合格できるはずです。
しかし、通信講座を利用すればもっと少ない労力で合格できる事も事実です。
下のページでは専門家がおすすめの行政書士通信講座について、徹底的に比較検討しています。
おすすめの行政書士通信講座を専門家が比較
ぜひ、ご自身に合った通信講座を受講して合格を勝ち取ってほしいと思います。