Skip to content

慣れない頃は…。

愛犬をしつける場合に心掛けたいのは、しつけていく行程や順序でしょう。トイレに関連したしつけの場合であっても、これは一緒ですよ。犬の中には、欲求などに対応してやっているとしても、わがままに育って主人の興味を引き寄せようと、無駄吠えを行う犬が多いのは周知のとおりです。普通、柴犬のしつけのお悩みは噛み癖だと思います。大人になっても矯正できますが、本来だったら、子犬としてしつけを成功させるという姿勢に異議はないと考えます。ドッグオーナーの方は、無駄吠えに悩んだりしていませんか?でも、無駄吠えするのをなくさせるのは決して難しくはありません。正しい知識などがあれば、どなただって出来ると断言します。みなさんがトイレの他に、しつけでご褒美としてあげているときは、トイレのしつけ練習がある程度できるまで、当面はご褒美を与えることは控えるようにしてほしいです。犬でも気が弱いと、よく無駄吠えすることが多くなると思います。このように吠えるのは、何らかの予測反応とか、恐怖心に対する錯乱状態のようなものと考えられています。チワワと飼い主が共存していくとしたら、社会のルールを覚えなければいけないはずです。なので、社会性は子犬の日々からしつけをスタートしないとだめです。吠える回数の多い犬のしつけを行おうというのであれば、その原因を区別をして考えることが不可欠です。それから、愛犬が吠える訳を取り去ることとしつけを同時進行で実践することが大切です。一般的に犬が噛むのは飼い主のしつけが悪いためです。正しいしつけを実行していないのでしょう。ネットに載ってっているようなしつけ方法でも、正しくない点が幾つもあるらしいです。頭の良いトイプードルであって、飼育法には大した問題はほとんどありません。子犬のトイレとか、その他のしつけも、難なく体得してくれると言えます。慣れない頃は、しつけを始める前には犬が吠える、そして噛む行為に苦労しました。自分の犬が、自分に対して吠えるし噛みついても来る、辛いし、悲しい日々でした。愛犬が吠える訳や環境を確認して、その原因を除去してください。そして時間をかけてしつけを行うことが、チワワの無駄吠えの回数を少なくするためのベストな方法だと思います。噛む犬をしつける時に、「噛まれたらどうしよう」ということだってあるでしょうし、逆に感情的になってしまったり驚いたりして、反射的にたたいてしまった経験もあるかもしれません。国内では、大勢の人たちにペットとして飼われているチワワに関してみると、上手にしつけがなされていなくて責任を果たせないでいる飼い主のみなさんがかなり多いというのが現実のようです。常に犬が無駄吠えをいったん止めておとなしくなったのを見て、ご褒美や賞賛の言葉をあげるようにしましょう。吠えないという行動とおやつを結びつけたりして、理解していくのです。