Skip to content

年齢にあわせた適切なドッグフードを選ぼう

  • by

味の好みや食べ物の好みは、幼少期から成犬になるまで年齢とともに変化するのと同じように、犬や猫は成長するにつれて適切な栄養素を含むドッグフードに切り替える必要があります.
プレミアムドッグフードの多くは、体型(小型犬・大型犬)、年齢、飼育環境、健康状態に合わせた商品を取り揃えています。ライフステージ(犬の年齢)別にご紹介します。ドッグフード選びの参考にしてください。
子犬(0~1歳)
生まれたばかりの子犬は、母乳によって体内の免疫機能を維持していますが、自ら免疫を獲得しようとすると、必然的に免疫力が低下する時期(ギャップ)が生じます。 また、脂肪酸の1つであるDHAを摂取すると、適切な視力と脳の発達が促進されます.
子犬向けのドッグフードを探しているときにはこのこのごはんの真実を解明というこちらのサイトを一度見ておくことをお勧めします。
成犬(1歳~7歳)
犬は比較的がんにかかりやすく、人間と同じように最も多くの死因となっています.場合によっては、毎日の健康のために、栄養素、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、水の特別なバランスの取れた食事を含む食事が不可欠です.
高齢犬(7歳以上) 6歳以上の大型犬
犬は年をとるにつれて脳の動きが鈍くなり、学習能力や記憶力が低下します.また、筋肉や関節の健康を維持するために、成犬と同じ高品質のタンパク質を含むフードを選択してください.