Skip to content

少ない点数のスーツで回すのにおすすめなのが宅配クリーニング

  • by

スーツを着るときに思いのほか汚れていたり、ヨレヨレになっていて困った経験はありませんか。実はスーツをきれいに保つことだとか、常にピシッとした状態にしておくことって意外と大変なんですよね。スーツを何着も持っている人なら、汚れたりヨレヨレになったらクリーニングに出せばいいだけですが、2〜3着のスーツで回さなきゃいけない人にとっては後がない状態に追い込まれてしまいます。
だらしないスーツで仕事をするのは自分だけではなく、会社にとっての信用問題にもなることなのできちんとしておきたいですよね。でも業務時間が定まらない場合、クリーニング店に持ち込んでも仕上がったときに、いつ取りに行けるのかの予定がわかりませんよね。かといって、スーツを自分で洗うとなると、クリーニングに出すのとは違った面倒くささがあります。
もちろん洗えるスーツを購入しておくという選択肢も悪くはないと思います。ただ洗えるスーツも購入するとおおむね1万円前後。スーツとしては安い部類に入ると思います。職種や顧客にもよるとは思いますが、安物のスーツというのは見る人が見ればわかってしまいます。特に洗えるスーツというは、きれいに長持ちさせるために必要な「手間」をかけないと宣言している側面もあります。
スーツをきれいに長持ちさせる手間というのは、例えばブラッシングであったり陰干し、それにクリーニングも含まれます。こういったスーツへの手間をかけないと宣言しているタイプの人は、仕事においても手抜きするタイプの人ではないかと見られがちなのです。どんなスーツを着てどの程度の手入れをするのかは完全に個人の価値観ですが、それなりのスーツを効率良くクリーニングするなら、宅配クリーニングを利用してみてはどうでしょうか。
宅配クリーニングはまとめて出すとお得なところが多いですが、その中にスーツやワイシャツを同梱させても、クリーニング単価としては割高になるので得策とはいえません。スーツの宅配クリーニングはパックで出すよりも、店舗に出すのと同じように点数を気にせずに、1点ずつ料金のついた宅配クリーニングを選ぶ方がやり方としては賢いです。
宅配クリーニングにはいろんな会社があって、ダウンやコートを出すよりもスーツやワイシャツを出したほうがいい会社があります。スーツの宅配クリーニングを比較するときは、料金だけを見ているようで失敗する可能性もあります。もちろんクリーニングの料金も大切ですが、高級ブランドではなくてもそれなりのスーツを出すわけですから、クリーニング品質も高いに越したことはありません。
スーツのクリーニング品質はドライクリーニングかウェットクリーニングかによっても異なります。スーツがきれいに仕上がるのはウェットクリーニングのほう。ただ料金的に高く付くのもウェットクリーニングのほう。それでもそれなりのスーツをきれいにするわけですから、お金をかけるだけの価値は十分にあります。もちろんスーツのドライクリーニングがダメなわけではありません。
ただドライクリーニングというのは生地を傷めないことには長けていますが、汚れ落ちに関してはウェットクリーニングのほうが上です。また少ない点数のスーツで回すなら、宅配クリーニングであっても仕上がりスピードにも着目しておくべきです。
クリーニングの納期が1週間の会社よりは、2〜3日でと仕上がったほうが少ない点数でスーツを回すのに最適ですよね。「料金」「クリーニング方法」「納期」とスーツの宅配クリーニングでも着目したい比較項目はあります。また手持ちのスーツの点数によっても優先順位は変わってきます。スーツをクリーニングするのに往復しなくてもいいことに最も価値を感じる人は、料金でスーツの宅配クリーニングを選ぶのもアリだと思います。