Skip to content

家庭用脱毛器を使う上での注意点

家庭用脱毛器は自宅でセルフケアするので、肌トラブルになる方が後を経ちません。
自分では正しい使い方をしているつもりでも、少しでも早く効果を実感したくて知らないうちに間違った使い方をしてしまうことだってあります。
家庭用脱毛器を使う上での注意点はやけどです。
どの家庭用脱毛器の注意事項にも
・ほくろ
・日焼け肌
・タトゥー
・黒ずみ
と言った黒い色素の部位は避けるように書いてあります。
黒い色素に家庭用脱毛器の光を照射すると、反応が強く出てしまいやけどの原因になってしまいます。
日焼け肌は特に自覚できていない部位があるので注意が必要です。
特に首すじや背中など見えにくい部位は事前に確認が必要です。
家庭用脱毛器でやけどなど肌トラブルが起きないようにまとめてある記事を紹介します。
ケノンでやけどの対策
せっかく脱毛してキレイになろうと思ってもやけどをしてしまえば、やけど跡が残ってしまいなかなか消えません。
もし家庭用脱毛器を使っていて軽い火傷をしてしまったら、早めに皮膚科へ受診されることをおすすめします。
家庭用脱毛器は取扱説明書に書いてある正しい使い方を守ってこそ、効果と安全性が担保できます。
少しでも早くツルツル肌になりたい気持ちはわかりますが、焦らず楽しむ気持ちで自宅でムダ毛ケアをしてくださいね。