Skip to content

大人のインビザライン矯正は失敗パターンあり

失敗例2:矯正期間が長い インビザライン矯正の治療期間は、2年から4年程度と予想されます。しかし、治療に必要な期間の長さには、他の要因が絡んでいる場合があります。

大人は歯列矯正をやめたほうがいい場合もあるとこの記事で初めて知りました。

その要因の例としては 怪我をした時期(交通事故、転倒、年齢など)入院期間(事故が起きた場合)事故からの回復期間病院から矯正歯科クリニックまでの起床・移動時間治療後に椅子に楽に座れるまでの起床・移動時間治療の準備期間
失敗例3:矯正期間が短いインビザライン矯正治療は、治療期間の初期に予測することが可能です。しかし、以下のような理由で計画期間内に矯正治療が終了しない場合があります。過度の歯ぎしりインビザライン矯正では、矯正治療に必要なスペースを確保するために歯を削ることがあります。歯を削りすぎると、歯を移動させる距離が長くなるため、余計に治療期間が長くなってしまいます。マウスピースの装着時間を守らなかったインビザライン矯正では、マウスピースは1日20時間装着することになっています。マウスピース装着時間を守らないと、歯が予定通りに動かず、治療が長引く可能性があります。
虫歯や歯周病などの口腔内トラブルが発見されると、歯の形が変わってマウスピースが合わなくなります。頭蓋骨の不適切な位置合わせインビザライン矯正では、顎の骨の中で移動する2本の金属バンドで顎を固定します。場合によっては、バンドが上顎と下顎の骨を適切に整列させないことがあります。そのため、歯の充填に支障をきたしたり、顎が一方向に下垂したり、上顎が正しい位置まで押し上げられたりすることがあります。治療中に顎に影響を与える変形が発見された場合、矯正治療に時間がかかることがあります。
失敗例4:矯正期間が短すぎる インビザライン矯正治療は、治療期間の開始時点で予測することができます。しかし、以下のような理由で予定期間内に矯正治療が終了しない場合があります。過度の歯ぎしりインビザライン矯正では、矯正に必要なスペースを確保するために歯を削ることがあります。