Skip to content

一目均衡表で何がわかる?

一目均衡表は、株価や外国為替を分析する際に、平均値を用いて関連する情報を一目で示すものです。
全体的なトレンドは、雲の上にあるときは上昇、雲の下にあるときは下降、雲の中にあるときはトレンドがない、または移行していることを示しています。
リーディング・スパンAが上昇し、リーディング・スパンBを上回っている場合は、上昇トレンドを確認するのに役立ち、線と線の間は一般的に緑色で表示されます。リーディング・スパンAが下降し、リーディング・スパンBを下回っている場合は、下降トレンドの確認に役立ちます。この場合、線と線の間は通常、赤で表示されます。
トレーダーは、価格の相対的な位置に応じて、一目の雲を支持・抵抗の領域として利用することがよくあります。一目均衡表では、将来的に予測可能な支持・抵抗レベルを提供します。一目均衡表は、現在の日付と時間の支持・抵抗レベルを提供するだけの他の多くのテクニカル指標とは異なります。
トレーダーは、リスク調整後のリターンを最大化するために、一目均衡表を他のテクニカル指標と組み合わせて使用する必要があります。例えば、一目均衡表は相対力指数(RSI)と組み合わせて、一定方向への勢いを確認することができます。
また、大きなトレンドを見て、その中に小さなトレンドがどのように収まっているかを確認することも重要です。例えば、非常に強い下降トレンドの時には、価格が一時的に雲の中に押し込まれたり、少し上に出たりした後、再び下落することがあります。インディケータだけに注目していると、価格が長期的に強い売り圧力にさらされているという大きな絵を見逃してしまうことになります。
クロスオーバーは、このインディケータのもう一つの使用方法です。特に価格が雲の上にあるときに、転換線が基準線の上に移動するのを見てください。これは強力な買いシグナルとなります。一つの選択肢は、転換線が基準線を下回るまで取引を続けることです。他のラインも同様に出口として使用することができます。
一目均衡表と移動平均線の違い
一目均衡表には平均線が使われていますが、一般的な移動平均線とは異なります。単純な移動平均は、終値を足して、その合計を終値の数で割ったものです。10期間移動平均では、過去10期間の終値を足して、10で割って平均値を求めます。
一目均衡表の計算方法が違うことに注目してください。一目均衡表の計算は、期間中の高値と安値に基づいており、それを2で割っています。したがって、同じ期間数を使っても、一目均衡表は従来の移動平均線とは異なるものになります。
ある指標が他の指標より優れているわけではなく、情報の提供方法が異なるだけです。