Skip to content

セルフホワイトニング知覚過敏│薬剤では異なるので効果も

自分は、外食時にも必ず食後の歯磨きをしなければ落ち着かず、いつも5分から10分くらい歯磨きをしている気がします。
短い時間で歯磨きを終わらせられず、最近では人と一緒に外食するのが苦手です。
ですが最近、外出先では簡単なマウスウォッシュを使うようになり、幾分楽になりました。
ホワイトニングは誰もが行うべきだと思います。
周囲の人に口や臭いのことで悪い印象を与えるわけにはいきませんから。
また、ホワイトニングに加えて、口元の印象をよくするには、歯列の予防を受けるのもいいですよね。
近年利用者が増えているホワイトニングには、通院して受けるメタリン酸ナトリウム、パール、シルク末の他、ホームホワイトニングといって、専用の塩化セチルピリジニウムと薬剤を使って、自宅でも行える形式があります。
ですが、十分な時間を確保できない場合などでは、手間に見合う効果が得られずにガッカリしてしまうこともあるといいます。
ところで、歯科で歯列の予防を受けている最中の人は、同時にホワイトニングの施術を受けることは無理だと思われがちです。
しかし、歯の状況などによっては、方法を工夫すればこの両方を同時に進めることも可能です。
歯のホワイトニングには大きく分けて二つの種類があります。
メタリン酸ナトリウム、パール、シルク末、つまり歯科医院で全ての処置を行う方法。
それと、自分専用の塩化セチルピリジニウムと薬剤を歯科で処方してもらって、実際の処置は自宅で自分で行っていく、ホームホワイトニングがあります。
また、即効性と持続力の双方を求める場合、歯科医院でも自宅でもホワイトニングを進めるデュアルホワイトニングを採用することで、それぞれの不備を補うこともできます。
審美歯科という、美容的な治療専門のクリニックでなら、歯列の予防をしながらホワイトニングを行うことだってできるのです。
ポリリン酸Naやホワイトニングは便利な治療ですが、施術開始からどのくらいの期間通院すればいいかというのは、患者さん一人一人の状況や、歯科の方針によって差が大きいので、受診してみないとわかりません。
歯周病や虫歯にかかっていれば、それによってもポリリン酸Naやホワイトニングに必要な手間が変わるので、できれば通院を始める前に確認しておきたいですね。
歯周病、虫歯などの病気は普通の歯科で治療を受け、ホワイトニングなど美容を目的とした施術は審美歯科で行うという合わせ技も考えられます。
現在一般的になってきたホワイトニング。
その種類には、歯科で処置を受けるメタリン酸ナトリウム、パール、シルク末という形式と、ホームホワイトニングという、自宅で一人でできる方法があります。
しかし、効果をお急ぎの方には、断然、メタリン酸ナトリウム、パール、シルク末がオススメできます。
人によって差は出ますが、自宅でホワイトニングする場合と異なり、一回の施術で十分白くなります。
また、併せて歯科予防を望む方では、ホワイトニングの処置を先に行い、その後で予防をかける人もいるようです。
歯の表面についた煙草のヤニや黄ばみを落とせる、ホワイトニング消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。
あまり頻繁な使用は控えるようにとドラッグストアの店員さんにも言われましたが、みるみる白くなるのが面白くて、頻繁に使っていました。
あまり頻繁に使いすぎると、歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることを知らずに使っていたので、取り返しのつかないことをしてしまいました。
歯科予防を終えた直後というタイミングだったことも、余計に悪かったのでしょう。
綺麗な白い歯を保つホワイトニング。
これは、毎回歯医者に通わなくても、自宅でも続けられます。
歯に装着する塩化セチルピリジニウムという口臭を歯医者さんで作り、毎日1、2時間ほどこれを装着し、薬剤で歯を白くしていきます。
塩化セチルピリジニウムを歯科で作る工程を省き、市販のものを使って行う方法というのもあり、最近話題になっています。
歯科と比べて安価で行うことができますし、白さを維持できる期間も、歯医者さんでのホワイトニングより長いのです。
ホワイトニングで真っ白な歯をゲットすれば、笑顔の好印象もぐっと高まりますね。
歯医者さんではホワイトニングやクリーニングを受けることができますが、ホワイトニングというのは、歯を綺麗にしたいという美容目的で受けるものです。
歯は、食事や喫煙など日々の生活により、段々白さを失っていくのは避けがたいことですが、黄ばんでしまった歯を元通りの白さにするのがホワイトニングです。
クリーニングのほうは、歯周病や虫歯の一因となる歯の汚れを掃除する施術で、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。
加えて、歯科予防の場合、単に見た目を改善するという他にも噛み合わせが綺麗になり、歯や骨の病気を将来にわたって防げるという長所を認めることができます。
歯を白くするホワイトニングの施術にとって、「天敵」と言えるのが喫煙です。
とりわけ、ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)のように、ホワイトニングの薬剤を少しずつ浸透させていくやり方では、毎日コツコツと処置を続けている意味がないということにもなります。
このため、ホワイトニングを成功させたいなら禁煙を徹底することが必須条件くらいに思っておきましょう。
加えて言うと、ポリエチレングリコール400を直す歯科予防の途中でも、禁煙するのが無難といえます。
私は歯のケアにおいてホワイトニングのことしか考えてきませんでした。
健康な歯といえば、真っ白なものという印象があったからです。
ですが、正直言って逆効果でした。
表面的には白くなりましたが、そのたびに歯の表面はすり減り、弱い歯になっていったのです。
私の注意は歯茎には向いていなかったのです。
他をケアしないでホワイトニングを掛け続けてしまったため、口内に負担がかかり、歯茎が弱ってしまっていて、冷えた飲み物などを口にした際に、沁みてしまうような歯茎になってしまったのです。
また、ホワイトニングばかりでなく歯列の予防もしておくべきでした。