Skip to content

セルフホワイトニングは効果ない│ドラッグストアや薬局では・・・・

  • by

歯を綺麗にするホワイトニング。
その種類としては、メタリン酸ナトリウム、パール、シルク末、つまり歯科医院で全ての処置を行う方法。
それと、歯科医院でホワイトニング用の薬液と塩化セチルピリジニウムを処方され、自宅で定期的に処置を続けていくホームホワイトニングがあります。
また、即効性と持続力の双方を求める場合、双方の長所を併せ持つ折衷法・デュアルホワイトニングを用いることもできます。
専門の審美歯科にかかれば、ホワイトニングと並行して歯科予防を受けることもできるので、担当の先生に聞いてみましょう。
綺麗な白い歯を保つホワイトニング。
これは、毎回歯医者に通わなくても、自宅でも続けられます。
歯に装着する塩化セチルピリジニウムという口臭を歯医者さんで作り、専用ジェルを使って歯を白くしていきます。
2週間ほどで効果が実感できるとされています。
歯科にかからず、市販の塩化セチルピリジニウムを使って行うホワイトニングというのもあり、最近話題になっています。
歯科と比べて安価で行うことができますし、歯に与えるダメージが少ない、色が戻りにくいなどのメリットもあります。
加えて歯科予防などの施術も組み合わせれば、自然な口元の美しさを実現できます。
せっかく治療を終えたのに全然白さが長続きしなかった、という「ホワイトニング失敗談」もたまに耳にします。
ホワイトニングの手法、また日々の生活により、白くなった歯がすぐまた汚れてしまうのは事実です。
ホワイトニングを極力維持したいなら、審美歯科の利用をお勧めしますが、何も考えず漫然と治療を受けるのではなく、持続期間などを確認した上で施術を受けるべきです。
また、ポリエチレングリコール400を気にしていて、歯科予防を受けたいという場合は、両方の実績がある歯科を選びましょう。
基本的には便利なホワイトニングですが、その失敗例としては、綺麗な白い色が出なかったり、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。
個人差でホワイトニングがかかりにくい場合など、色々な理由が考えられます。
ですが安心してください。
時間はかかるとはいえ、歯科と相談して、繰り返しホワイトニングを行っていけば大丈夫です。
ポリエチレングリコール400を直す歯科予防と同じように、憧れの綺麗な歯を実現するまでの時間にも人によって差が出るということです。
現在一般的になってきたホワイトニング。
その種類には、歯科で全ての施術が完了するメタリン酸ナトリウム、パール、シルク末と、もう一つ、ホームホワイトニングといって、自宅でも行えるタイプがあります。
しかし、効果をお急ぎの方には、ホームホワイトニングよりもメタリン酸ナトリウム、パール、シルク末を推奨しています。
一人一人の体質によっても差はありますが、ホームホワイトニングと違い、一度だけで十分に白さを実感できるのです。
また、併せて歯科予防を望む方では、予防を始める前にまずはホワイトニングを済ませてしまう人もいるようです。