Skip to content

スズメバチが狂暴化!?この時期に狂暴化するその訳とは?

今年も全国で猛威を振るう「スズメバチ」。
その駆除を専門に行うハンターに依頼が殺到している。
多忙なハンターに同行し、緊張感あふれる駆除作業を間近で見てきました。
また、スズメバチの被害を防ぐ方法や、刺されたときの対処法についても聞いてみました。
2011年から2020年までの10年間で、スズメバチに刺されて死亡した人は167人。
2022年8月には、60代の男性が草むしり中に刺され、病院に運ばれた後に死亡しています。
被害者が最も多いのは8月から9月で、1年間の41.7%を占めます。
都市部でも、大きな公園や街路樹の多い場所など、餌が豊富な場所にはハチが生息していることがある。この時期はより注意が必要です。
皇居周辺をジョギングしていると遭遇することがあります。追いかけられます。
スズメバチは、8月下旬から10月上旬の9月になると、生まれたばかりの女王バチを外敵から守るために攻撃的で警戒心が強くなり、「凶暴化する」と言われています。
これは事実であり、今なら危険すぎると非難されそうだが、昭和の田舎の家では、居間に大きなスズメバチの巣が飾られることがあった。
軒下にスズメバチの巣があって危険でなければ、冬まで放っておいて成長を見守り、スズメバチがいなくなったら巣を持ち帰り、去年より小さいとか大きいとか言って居間に置き換えたものです。
危険な場所だったら、木片か何かで倒して、「逃げろ」と言って家の中に入って、半日くらい放置しておくんです。
今では考えられないことですが、田舎には若い人がいませんから、そういう行動自体が薄れてきているのでしょう。
ただ、昔に比べてスズメバチが増えたのは事実です。
スズメバチに注意しましょう。