Skip to content

サンドフットバック 8面Footjagは足のゲーム

サンドフットバック 8面Footjagに注目が集まっています。スポーツやゲームとして、またダンスや遊びとして愛好者が増加中です。フットバッグというスポーツは、日本国だけでなく海外でも数多くのファンがいます。ダンスのような、シャープな動きが多くの人を惹きつけています。具体的には、お手玉くらいの大きさのボールを、いろいろなスタイルで蹴ってみせるゲームです。
サンドフットバック 8面Footjagを使ったゲームは、お手玉を足で行なう様子をイメージすると良いと思います。只、お手玉は2個~4個程度の複数のバックを使って行ないますが、サンドフットバック 8面Footjag使ったゲームでは、1個のバック(ボール)を用います。その理由は、フットバックは、立った状態で行なう為に、必ず片足はカラダを支える必要があるからです。
お手玉をする時には、両手が自由に使用出来ます。その為にスムーズな手の動きと、タイミングをとるのが上手な人は、4個程度のお手玉であれば自由に操ります。フットバックの場合は、片足でカラダを支えながら、もう片方の足でバック(ボール)を操りますからどうしても1個になります。只、その内新しい方法を考案して、複数のバック(ボール)を操る人がでてくる可能性もありますね。
サンドフットバック 8面Footjagは、足にフィットしやすいように、8面の形状になっています。また、バック(ボール)の中身は砂(サンド)になっています。その為に、足の上で受け止めやすくなっています。お手玉をすると分かりますが、弾かないデザインになっていると、手で受け止めやすいですね。それと同じで、8面体で中身が砂になっているので、初心者や子供でも足で受け止めやすくなっています。
サンドフットバック 8面Footjagを、早く扱えるようになるコツは、足の上でバッグを止める練習をすることです。足の甲・足の甲の内側・足の甲の外側で、自由にバックを止められるようになる事が、上手くなる秘訣です。