Skip to content

ひび割れやあかぎれの予防・症状・対処法とは?

ひび割れやあかぎれは、掃除や家事の不手際で起こるわけではありません。
しかしいくつかのケースでは、ひび割れやあかぎれは、弱体化免疫システムまたは低レベルのビタミン D、WebMD に関連するとされています。
あかぎれ、または湿疹は、風邪やインフルエンザのようなウイルス感染に関連する可能性があります。
あかぎれの手は、多くの場合、極端な乾燥(寒さや手の洗い過ぎなど)によって引き起こされます。
しかしひび割れやあかぎれは、常に寒さに関連しているわけではありません。
ひび割れには、警告の兆候はありませんので、ひび割れになっていることにしばらくは気づきにくいものです。
その名の通り、あかぎれの手は通常、寒い気候に関連しています。
主に寒い季節に起こりやすい手のひび割れやあかぎれは、ちょっとしたセルフケアで予防・治療することができます。
ここでは、手のひび割れの症状や原因、予防法についてご紹介します。
ひび割れの周りの皮膚は、赤、赤赤、または水ぶくれになります。
人によっては、クラックアンドチャップの症状が出ないこともありますが、これは皮膚が完全に水ぶくれになったということではありません。
多くの場合、クラックアンドチャップは痛みを伴いませんが、それでも痛みはあります。
ひび割れ・あかぎれの症状は、昼夜を問わず、いつでも出る可能性があります。
人によっては、ひび割れが気にならないこともあります。
ひび割れは、年齢や時期にもよりますが、24時間以上続くこともあります。
もし、ひび割れやあかぎれが自分で治らない場合は、医者に診てもらうことが重要です。
医師は、ひび割れに効く鎮痛剤と抗炎症剤を処方することができます。
ひび割れは、高齢者、男性、免疫力が低下している人、妊娠中の人に多くみられます。
手のひび割れの原因は、極度な寒さや乾燥以外にもたくさんあり、日焼け、高温や低温にさらされることなどが挙げられます。