Skip to content

お正月に暇なときに何をする?

  • by

お正月の遊びにはどんなものがある?
お正月の遊びと聞いて、皆さんはどんな遊びを思い浮かべますか?
かるたや羽根つきなどが一般的ですが、それ以外にもさまざまな種類の遊びがあります。

ここでは、代表的な年末年始暇なときに最適なお正月遊びをご紹介します。

凧揚げ
フェザーダスター
福笑い
コマ回し
けん玉
双六
百人一首
かるた

その他にも、めんこ、おてだま、だるま落としなど、伝統的な遊びがたくさんあります。

保育の中にさまざまなお正月遊びを取り入れることで、子どもたちは自分の好きな遊びを見つけられるだけでなく、日本の伝統に触れる機会も増えるのではないでしょうか。

今回は、さまざまなお正月遊びの由来をご紹介します。
お正月遊びの由来 凧揚げ
凧揚げの起源は古代中国と言われています。

その昔、中国では凧は占いや戦いの道具として使われており、日本には平安時代に伝わりました。

日本では凧は貴族の間で盛んに行われ、一般庶民の間で行われるようになったのは江戸時代になってからと言われている。

庶民は年始に男の子の誕生を祝い、健やかな成長を祈るために遊び、男の子の代表的な遊びと言われていた。

また、男の子の代表的な遊びとも言われていた。凧は空高く揚げるものなので、「願いを凧に乗せて空に届ける」という意味合いもあったようだ。

ちなみに、江戸時代に凧揚げが大流行したとき、人々は「いかさま飛行」と呼んでいたそうだ。

しかし、「イカのぼり令」によって禁止されたため、「イカ時代」ではなく「タコ時代」と呼ぶようになり、「凧時代」と呼ばれるようになったそうです。
正月遊びの由来 ハネトキ
ハネツキ」は女の子に人気のあるゲームだが、その起源には2つの伝説がある。

ひとつは、14世紀ごろの中国で行われていた、羽根に硬貨を付けて蹴り上げる遊びが起源とされ、もうひとつは、奈良時代に日本で行われていた遊びが起源とされる。

羽根つきに使われる羽根はムクロジの実からできており、「無病息災」という漢字から、子供が苦しまないようにと縁起を担いで考えられたという。

そのため、ハネツキには、その年の厄を払い、子供(特に女の子)の成長を祈るという意味が込められているという。

そのためか、女の子の誕生を祝って羽子板を贈る習慣が現在でも残っているようです。

関連記事 “お正月は羽子板で遊ぼう! 意味・由来・遊び方を保育に活かす/保育士バンク!
お正月遊びの由来。福笑い(ふくわらい
福笑いの起源ははっきりせず、何のために始まったのかも不明である。

しかし、一説によると、江戸時代後期から人々に遊ばれるようになり、明治時代には正月遊びとして定着したとも言われている。

福笑いは、「笑い顔が福を呼ぶ」といわれるように、みんなで笑い合うことから、正月遊びとして広まったといわれています。

ちなみに、なぜ福笑いには亀やひょっとこ、お多福などが使われるのかは定かではありません。

しかし、福をもたらす縁起物として人々の生活に身近な存在であったため、親しみを込めて使われるようになったと言われています。

関連記事 “福笑い “でお正月を楽しもう! その由来と子どもと一緒に楽しめる遊び方/保育士バンク!
コマは世界中にあり、その起源や成り立ちはさまざまです。

日本のコマは、奈良時代に中国・唐から伝わったとされ、当時は宮中の年中行事の余興として行われていたようです。

平安時代になると貴族の間で流行し、子供の遊びとなり、江戸時代には一般大衆に広まったという。

また、「こま」の名称は唐から高麗を経て日本に伝来したとも言われている。

中国で「独楽」という漢字が使われたことがきっかけで、日本でも「独楽」という漢字が使われるようになったと言われている。

まっすぐに独立して回転する姿から「物事が順調に進む」「お金がうまく回る」という縁起を担ぎ、正月遊びとして広まったと言われている。

関連記事 “お正月に独楽をする理由とは?意味や理由、保育園で楽しめる手作りアイデア/保育士バンク!
お正月遊びの由来。けん玉(けんだま
けん玉の起源は、フランス、ギリシャ、中国など世界各地にあり、正確な起源は不明である。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。