Skip to content

お仕事ラボで転職をする理由はさまざま

  • by

このアンケートは、現役の薬学生で、薬剤師を辞めてお仕事ラボの薬剤師として新たなキャリアを歩む方にご協力いただきました。私は現役の薬学生ですが、薬剤師を辞めて薬局経営の会社を設立することになりました。マーケティングの世界では、口コミ広告の力が重要だと言われていますが、今、あなたがやっているのはそのことです。お仕事ラボの成功率は非常に高いので、これが実現すれば、非常に効果的なマーケティングになると思います。

薬剤師のキャリアチェンジ。薬剤師の仕事の面白さと醍醐味を味わおう !!!

米国は、患者ケアの危機の真っ只中にあります。薬剤師の数は増加の一途をたどっており、2008年だけでも米国の42%の郡で「薬剤師不足」が報告されています。薬剤師の需要が高まっている今、お仕事ラボは薬剤師転職希望者が薬剤師の仕事を獲得するチャンスを増やすための特徴を伝えることができます。

あなたのように、多くの薬剤師が転職を考えています。でも、それが自分にとって正しい転職なのかどうか、どうやって見極めればいいのでしょうか?お仕事ラボでは、薬剤師の転職に必要な仕事内容、給与、学歴などを紹介しています。何千ものインタビュービデオと何百もの薬剤師の体験談が掲載されており、薬剤師という職業とキャリアパスの内側を見ることができるので、情報に基づいた決断をすることができます。

転職をする理由はさまざまです。自分のために仕事を始めたい人、スケジュールをもっと柔軟にしたい人、薬剤師になりたい人など様々です。もしあなたが薬剤師としての仕事を検討しているのであれば、キャリア・チェンジの特典や欠点についてよく知っておくことが大切です。しかし、ここでは特徴を挙げていません。

私は自営業の薬剤師として個人で開業していました。診療は順調でしたが、仕事に充実感がありませんでした。コールオフができなかったので、悔しい思いをしました。夜間や週末に発生するギリギリの危機を逃したくないですからね。それに加えて、私は自分と家族の生活の質を高めたいと思っていました。私には家族がいて、幼い2人の子供がいます。
彼らの基本的な育児のために私が一日中いる必要はありませんが、妻には、もし私がこれほどまでに働いて、これほどまでに多くの時間を費やすことができないのであれば、自分の生活の質を高めようと言いました。

お仕事ラボの口コミ評判と特徴はこちら