Skip to content

【専門家が解説】モットンマットレスの選び方は硬さを基準に選びましょう

モットン耐久試験データ
マットレスの寿命と耐久性は、同じレベルの快適さと理想的な睡眠姿勢を維持するために不可欠です。
綿のマットレスには「耐久試験」を実施し、耐久性の高さを実証しています。
試験方法は、布団の厚みが半分になるまで1分間に60回絞り、8万回になったら30分放置。
平均的な人が 1 日 20 回以上転がると仮定すると、年間 7,300 回 (20 回 x 365 日) になります。 つまり、約11年使用しても約3.9%までしか落ちません。
寝具業界では一般的に布団の寿命は5年と言われていますが、モットンは他の布団に比べて約3倍長持ちするので、買って、使って、快適な寝姿勢を長くサポートし続けることができます。 .
この耐久性テストの結果は素晴らしく、簡単に言えば、綿のマットレスは寿命が長く、快適さを失うことなく5年から8年快適に使用できます.
ワンサイズのモットンは税込39,800円。なので8年使えると考えると1日13.6円で買えます。
80kgの人に最適なモットンの硬さはこちら
もう一つ気をつけなければならないのは、モットンのウレタン密度です。
安価なマットレスは、マットレスのコストを抑えるために10D~20D程度の低密度で販売されているため、隠れた密度で販売されているケースが多いです。
簡単に言えば、密度を下げることで、マットレスを低コストで販売し、利益を上げることができます。
高品質のマットレスの密度は 30D でなければなりません。モットンの密度は30Dで、製品に自信があるので、密度も公開しています。
私たちのような腰痛の問題を抱えている人や、非常に耐久性のあるマットレスを求めている人をだますのではなく、本当に良い製品を販売してくれることを本当に気に入っています.